ミチタのシャドバ備忘録

使ってるデッキ、新弾評価など

冥界の闘犬・オルトロスの評価

 

4/4/3 【ファンファーレ】相手の場に選択できるフォロワーがいるなら、【ネクロマンス】3; 相手のフォロワー1体に4ダメージ。

 

ローテーション評価…A

アンリミテッド評価…B

 

 

 4/4/3の標準スタッツにネクロマンスを消費して4点ダメージを飛ばす効果が付いています。今までのネクロの似た性能のカードに比べてダメージ量ネクロマンス消費ともに改善されています。

 

 4点ダメージというと3コストスペル相当の打点なので、発動できれば非常にテンポに優れた動きが可能です。クラシックカードパックのスカルライダーあたりと比べるとパワーの差は一目瞭然といえます。

しかし、4コストフォロワーではあるものの4ターン目にネクロマンス3が満たせる状況はそこまで多くなく、墓地が溜まっていたとしてもそれは序盤戦をしっかり動くことができていた証拠なので、4点ダメージを飛ばす価値のある対象が果たして盤面にいるのかという問題があります。

5ターン目以降であればより高コストのカードをプレイすることもでき、ネクロマンス消費が多い代わりにコストが低く大型フォロワーを倒せるビッグソウルハンターなどの競合もいるので、ナーフ前剛拳の用心棒を思わせるテキストですが見た目ほどのインパクトではないかもしれません。

 

 とはいえ中盤以降は少ないネクロマンスでオルトロス1枚で相手フォロワーを処理しながら4/3スタッツを場に置けるため、ミッドレンジ系のデッキではテンポフォロワーとしての用途は十分果たしてくれそうです。盤面で戦う方針のデッキであれば優先的な採用選択肢になりそうです。ローテーション評価はA、アンリミテッド評価はBとします。

冥河の渡し守・カローンの評価

 

6/5/5(進化後6/5/5) 【ファンファーレ】コスト5のネクロマンサー・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。

【進化時】【ネクロマンス】5; ターン終了まで、手札のネクロマンサー・カード1枚のコストを-5する。

 

ローテーション評価…A

アンリミテッド評価…A

 

 

 6コストのフォロワーですが、ファンファーレでコスト5のネクロマンサーフォロワーのサーチという明らかに特定のカードを意識したファンファーレがついています。更に進化時効果でターン終了まで5コスト踏み倒してフォロワーをプレイできるため、サーチした5コストフォロワーをそのまま盤面に出すことが可能です。

 

 ケルベロスをサーチして進化することで、6コストネクロマンス5で5/5突進,3/3,2/1,1/2の4面展開というえぐい盤面をカローン一枚から作ることができます。返しのターンに上手く除去できなければそのまま試合が決まってもおかしくないパワーを持っており、グレモリーやヘクターへも繋がります。

また、進化後に出すことのできるカードはドローしてきた5コストカードでなくとも構わないので、オルトロスでフォロワー除去をしたり8ターン目にアーカスやヘクターを2コストにして出しても強力でしょう。

ただ、このカードパワーはあくまでも進化権とネクロマンスを両方使ったうえでのパワーなので、どちらかが無いとあまり強くありません。基本的には1試合中に1回しか使えない効果なので、二枚目以降が腐りやすいという懸念があります。ネクロマンス消費がなくても進化時のスタッツ上昇はないことも注意すべきでしょう。

 

 新ケルベロスのパワーが凄まじいだけに、このカードのファンファーレや進化時効果のパワーも引き上げられているといえるでしょう。1試合に一枚あればいいカードではありますが、条件を満たした時の制圧力の高さはあなどれません。ローテーションアンリミテッドともにA評価です。