ミチタのシャドバ備忘録

使ってるデッキ、新弾評価など

邪眼の悪魔の評価

 

5/5/4(進化後5/5/4) 【アクセラレート】2; 自分のリーダーに1ダメージ。相手のフォロワー1体に3ダメージ。

【進化時】相手のフォロワーすべてに「このバトル中、自分のターン中に自分のリーダーがダメージを受けた回数」と同じダメージ。

 

ローテーション評価…S

アンリミテッド評価…S

 

 

 5コストのフォロワーですが、アクセラレートで2コスト3点スペルとして運用することができます。進化前はバニラですが、進化後に自分の自傷回数と同じ数のダメージを相手フォロワー全体にばら撒くという強烈なAoEを内蔵しています。

 

 まずアクセラレートですが、2コスト3点除去というのはほぼすべてのマッチアップで腐ることがなく、中コストのフォロワーとして出せるカードの持つ能力としては破格です。その代わりに自リーダーへの自傷効果が付いていますが、自身を含めた自傷シナジーの餌になるため無駄がありません。

進化時効果のAoEは、ビショップのエンシェントレオスピリットやネメシスのバジリスがアクセラレートが無く打点も固定でビートダウン系デッキ以外にはバニラになることが多いにも関わらず、実際には構築で複数枚積まれるカードであったことを考えると明らかに強力です。0コスト1ドローで自傷できる不穏なる闇の街が存在するヴァンパイアには5ターン目までに2点AoEを撃つことができるようになることはけして難しい条件ではなさそうです。ゲーム後半になれば大型フォロワーを含んだ盤面まで一方的に一掃できるでしょうし、そのための進化権を紅の渇望で回復することも可能です。

 

 自傷を重ねてライフが詰まっていくと相手フォロワーを逐一処理しなければならない状況に追い込まれがちなヴァンパイアにとって、AoEを撃ちながら5/4フォロワーを残して盤面を逆転することができるこのカードは待望のパーツです。ローテーションでロイヤルのアーサーも一枚で返すことができる稀有なフォロワーであり、汎用的なアクセラレートも相まってビートダウンを含めたすべてのヴァンパイアデッキで自然に採用できるカードになるでしょう。ローテーションアンリミテッド評価ともにSです。

轟雷のベヒーモスの評価

 

5/6/6 【ファンファーレ】相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。自分のリーダーは「次の自分のターン開始時に、PPを回復する値を-3する」を持つ。

 

ローテーション評価…A

アンリミテッド評価…A

 

 

 5/6/6というオーバースタッツにファンファーレでデモンストライクが付いてくる強烈な5コストフォロワーです。ただし、次のターンに3ppを後払いする必要があります。例えるなら進化時効果のない激震のオーガを分割コストにしたイメージです。

 

 激震のオーガ自体が8コストフォロワーとして強いかどうかは微妙ですが、轟雷のベヒーモスは自身の能力だけで3コスト踏み倒して盤面に現れることができるため瞬間的なマナ加速だといえます。5ターン目に3ダメージを飛ばしながら進化後8/8が着地した返しに有利な盤面を作り返すことは容易ではないため、次ターンのテンポロスを補って余りある戦果が期待できるでしょう。

中盤を過ぎてppが潤沢になってしまえば3ppの後払いを払ってもあまり関係がないことも多いでしょう。ファンファーレの直接火力でリーサルを取れればその3ppすら払う必要はありません。相手リーダーの体力を削ることが得意なヴァンパイアにとってダメージ効果を持った中型フォロワーは非常に噛み合っています。

 

 5ターン目の制圧力も終盤以降の強さも申し分なく、デメリットを加味してもフォーマット問わず採用選択肢に入ると考えています。ただ現状ローテーションのヴァンパイアがほぼ死滅してしまっているため、アーキタイプ自体の核になるわけではないこのカードが加わってもヴァンパイアクラス自体の復権にはなりにくいかもしれないという懸念はあります。カードパワーはかなり高いため既存のデッキの起爆剤となればいいのですが…。ローテーションアンリミテッドともにA評価です。

降魔の操者・ダヌアの評価

 

2/3/1 【交戦時】交戦する相手のフォロワーに1ダメージ。
【進化時】自分の他のフォロワーすべては「交戦時 交戦する相手のフォロワーに1ダメージ」を持つ。

 

ローテーション評価…C

アンリミテッド評価…C

 

 

 2/3/1の頭でっかちなスタッツに、交戦時効果で茨の森のように相手フォロワーとのトレードの前に1ダメージを与える効果をもっています。また、進化時+2/2修正でありながら味方全体に同様の効果を付与することができます。

 

 体力1で小さいフォロワーに不利トレードされやすい欠点は、交戦時効果が1/1とのトレードを許さないためある程度緩和できます。フォロワー同士の戦闘では実質的に攻撃力4として振舞えるため、相手の中型フォロワーとトレードすることでアドバンテージを得ることができます。進化時効果も横並びしたうえで付与できるとトレードに有効です。

ただ、ダヌアに限った問題ではないですが2コストフォロワーの体力1のデメリットはかなり大きく、ゴブリンや未来視の魔女、茨の森の先置きで場に出せなくなったりマジックミサイルやアクセラレートヴェスパーに美味しく頂かれてしまうだけでなく、進化後の体力が3しかないことで有利なトレードを行うことが難しくフェイスを叩きに行っても容易に処理されてしまいます。ドロー効果の付いていない体力1フォロワーが活躍するためのハードルは非常に高いです。

 

 複数の軽量フォロワーがにらみ合っているような状況で進化を切れると有効に働く場面はありそうですが、一番刺さりそうなエルフ相手にも茨の森を出されると逆に突破される恐れがあり不安定です。ダヌアの撃たれ弱さも相まってハイリスクミドルリターンなカードではないかと考えています。ローテーション評価アンリミテッド評価ともにCです。

終戦のドラグーンの評価

 

6/5/5 【突進】

【攻撃時】自分の手札のランダムなドラゴン・フォロワー2枚のコストを-1して、攻撃力を+1する。

 

ローテーション評価…B

アンリミテッド評価…B

 

 

 6/5/5という充分なサイズと突進を備えており、攻撃毎に手札のランダムなフォロワー2体を強化する効果を持っています。

 

 1コスト軽減により8コスト以上のフォロワーを1ターン早く出せると強力です。攻撃力も上がるため疾走フォロワーと相性が良く、特にゾーイはコスト軽減で10コストになりながらゾーイ進化+リントブルムで20点になる攻撃力8に届くためバフ対象として嬉しいでしょう。通常では11コスト以上かかってしまいできないようなコンボを行える可能性があるため原初ドラゴンやジャバウォックドラゴン、ゾーイとのシナジーによりリントブルムドラゴンなど複数のアーキタイプと相性がいいです.

ただ、このカード自身は手札補充も3コスト以下のフォロワーとのシナジーもスペルシナジーも無く、ランダム手札バフには運の要素が大きく関わってくるため安定性が低くなってしまいそうです。原初ドラゴンのようなPPブーストを絡めながら攻めるドラゴンは手札が少なくなってしまう場合も多く、一度そうなってしまうとppを使いきれなくなって1コストのコスト軽減の価値は減ってしまいますし、逆に手札が多くてもバフ対象がバラける要因になってしまいます。闇雲に1コスト3/2フォロワーを作っても中盤以降で雑にアドバンテージを取ることは難しいでしょう。

 

 終戦のドラグーン→ポセイドン→アジダハーカのようなコスト踏み倒しや空盤面からの複数体ジャバウォックのような、図抜けて強力な動きを決められる可能性のある点は無視できないものの、原初やジャバウォックにおける軽量フォロワー+大型フォロワーやリントブルムにおけるスペルシナジーのような、デッキの中核となるポジションから微妙に外れている点が気になります。そのため、手札バフの運要素も考えると構築が煮詰まった結果デッキから抜けていく枠になってしまうのではないかと予測します。ローテーション評価アンリミテッド評価ともにB評価です。

光魔法の教師・ミラの評価

 

6/3/3 自分がマナリア・カードをプレイするたび、自分の手札のこのカードのコストを-1する。
【ファンファーレ】マナリアの魔弾、マナリアの防陣の中から、ランダムに1枚を手札に加える。

【進化時】マナリアの秘術1枚を手札に加える。

 

ローテーション評価…B

アンリミテッド評価…D

 

 

 6/3/3とコストのわりに貧弱なスタッツですが、マナリアカードをプレイするたびにスペルブーストのようにこのカードのコストが下がっていく踏み倒し効果が付いています。自身もファンファーレでマナリアの魔弾か防陣をランダムで1枚手札に加えることができ、さらに進化時にはマナリアの秘術が追加で獲得できます。

 

 最終的に0コストで出すことが可能なフォロワーのためテンポを取るのに使い易いですが、ゲームの序中盤でプレイできるマナリアカードは限られます。かりに3ターン目までに知識→防陣→知識→防陣とプレイできれば4ターン目に2コストまで下がりますが、ミラを1ターン目までに手札に加えている必要があることを考えると決まることは少なそうです。

似たような条件でコストの下がるイーグルマンやゲイザーなどと比べると、このカードはスタッツ(特に体力)が低く、中盤以降に低いコストで召喚しても簡単に除去されてしまいます。進化時効果を利用するためにも早い段階で軽いマナリアカードを複数唱える必要があるでしょう。

現状のマナリアウィッチはあくまでも始祖マナリアを中心に組んだバーンデッキに近い構築で、マナリアシナジーを前面に押し出した構築ではありません。ジルのような通常採用しにくい軽量マナリアフォロワーまで採用すればこのカードを活かせるでしょうが、現状のスペルダメージ重視の構築では踏み倒しでテンポを取れるほどコストを下げられずにトップで引いた時の弱さがクローズアップされる恐れがあります。

 

 マナリアデッキがよりマナリアシナジーに依った構築に主流が移ればこのカードは輝きそうですが、現状は選択肢程度な立ち位置になりそうです。ローテーション評価はBとします。

アンリミテッドではマナリアの知識が制限カードになっているためそもそもマナリアシナジー自体が論ずるに値しません。アンリミテッド評価はDです。

 

 

グレモリーの評価

 

1/1/1 自分のターン終了時、自分の進化後フォロワーすべては「ラストワード カードを1枚引く」を持つ。
【ファンファーレ】 エンハンス 6; 進化していない自分の他のフォロワーすべてを進化させる。(それらの進化時能力は働かない)

 

ローテーション評価…A

アンリミテッド評価…S

 

 

 シャドウバース全体を通して初めての1コストレジェンドフォロワーです。1/1/1とサイズは最低値ですが、ターン終了時に自分の進化後フォロワー全てにラストワード1枚ドローの効果を付与することができます。そのため中盤に進化後フォロワーの横に添えるか、自身が進化して生き残れば手札消費無しで展開できます。

さらにエンハンスで盤面の自身以外の味方フォロワー全てを進化させることができます。一つ目の能力はこのときにも発動するため、実質的に全体バフがかかりながら味方全体にラストワードドロー効果が付与される強烈な盤面になります。

 

 エンハンスのド派手な効果に目を奪われがちですが、軽めの条件付きとはいえドロー効果付き1/1/1の時点で非常に使い易く、また墓地を肥やしたりフォロワーの頭数を増やすことが重要視されるネクロの戦術とも合致しています。自動進化を持つ災厄の屍王などを利用して複数枚ドローできるとアドバンテージはさらに膨れ上がるでしょう。

ゲーム後半には手札から出したフォロワーまでエンハンスで進化させることができるため1コストフォロワーにもかかわらず制圧力が高く、特にアーカスの効果が発動しているとゴーストが全て3点疾走に化けます。2コストフォロワー+フェリ+グレモリーの10pp25点をはじめとして20点前後のバーストダメージを出すこともけして困難ではありません。

 

 序盤中盤終盤いつ引いても使い道のある優秀な能力で、1コストフォロワーの仕事としては規格外といえるカードです。ただ現状のローテーションのネクロマンサーは盤面制圧能力で他のクラスに水をあけられており、6ターン目最速でグレモリーの全体進化+ドローを決めることは簡単ではないと考えられます。アーカス以降のバースト能力は強烈なものの、現状のカードプールでこのカードの強みを十全に発揮させるには工夫が要るかもしれません。ローテーション評価はAです。

アンリミテッドでは骨の貴公子のような場残りの良いフォロワーやよろめく不死者のような強力な除去フォロワーを使えるため6ターン目に複数体のフォロワーを進化させることは充分に可能でしょう。7ターン目ヘクターの一手前に強力な全体バフ+手札補充をかけられるためこのカードの価値は跳ね上がります。アンリミテッド評価はSです。

 

ポセイドンの評価

 

8/5/7 アクセラレート 2; ポセイドンの兵士1体を出す。
【ファンファーレ】 ポセイドンの兵士2体を出す。

 

※ポセイドンの兵士

2/1/3 【守護】

 

ローテーション評価…S

アンリミテッド評価…A

 

 

 8コストで5/7の本体に1/3守護トークンが2体付いてきます。アクセラレートにより2コストで守護トークンだけ出すこともできます。

 

 ドラゴンクラスの高コストフォロワーには珍しく非常に素直な性能です。守護裏に高スタッツの本体を隠す形になる強い横展開を手札1枚で行うことができ、ランプドラゴンの懸案事項である序盤の手札事故も軽減できます。竜の峡谷からこのカードにつなぐと相手の攻撃速度を著しく落としながらドラゴントークンを押し付けることができるでしょう。軽量守護が2体並ぶため進化権の切れたあとでも強気にプレイしやすい点も嬉しいです。

アクセラレートはスペル扱いのためリントブルム軸の構築でも採用しやすく、トークン展開とアクセラレートのおかげで原初ドラゴンに組み込むこともできるため、隙のない強カードだといえるでしょう。

 

 どんなドラゴン構築でも採用するデメリットが非常に少なく、いつ引いても安定して強いカードです。試合を決めるような派手さはないもののローテーションの殆どのドラゴンデッキに採用されると考え、評価をSとします。

アンリミテッドでも特にOTKエルフに強いためPPブーストから5、6ターン目あたりに投げつけるフォロワーとして使い易く、有力な採用検討枠となりそうですが、アンリミテッドではサハクィエルを軸としたニュートラシナジーに高コストの枠を取られがちなため必須枠にはならないと考えています。アンリミテッド評価はAです。