ミチタのシャドバ備忘録

使ってるデッキ、新弾評価など

森の戦士の評価

 

5/4/5 このフォロワーの攻撃力か体力が能力で+されたとき、相手のフォロワーすべてに2ダメージ。

f:id:michita_sv:20181214231917j:plain

ローテーション評価…S

アンリミテッド評価…A

 

 5/4/5の恵まれたスタッツで、このフォロワーにバフがかかるたびに2点AoEが誘発する強力な常在型能力を持っているゴリラです。

軽量のバフカードやアミュレットと非常に相性が良く、ローテーションでは主に伝説の幕開けやコルワから入手できるフィルとシナジーします。

 

 5コスト最良値のスタッツのフォロワーにもかかわらず軽い条件で2点AoEを飛ばすことができます。事前に伝説の幕開けを設置しておけば5ターン目から効果が発動可能で、それ以降のターンならフィルを中心とした軽量バフで複数回の発動も狙うことができるでしょう。

普通のAoEスペルと違って5コスト最良値スタッツのフォロワーがバフが乗った状態で残るため、相手盤面を一掃したうえでこちらの有利な盤面を作ることができる点が優秀です。邪眼の悪魔よりも素の体力が高いうえにフィルや幕開けのバフで体力も上がり、場合によっては進化でスタッツを上げることもできます。そのため相手が森の戦士の処理に手間取る状況も充分考えられ、その場合は特に大きなアドバンテージを稼ぐことができるでしょう。

 

 単体ではバニラカードであるためコルワや幕開けなどのバフカードを引けていない状況ではパワーを発揮できませんが、それでも5コストの最良値スタッツを持つ点が偉く、テンポ重視で5ターン目に出していけます。盤面を取り合いたいデッキにとっては絶対に除去しなければならないフォロワーであるため高い体力は頼もしいです。

7,8ターン目に盤面一掃しながら体力バフのかかった森の戦士を押し付ける動きはコルワエルフの勝ちパターンになり得ると考えられます。フィルを3枚使えば潜伏しているギルネリーゼを焼くことができる点も強みです。

 

 バフカードを別途で引いておかないといけない弱みはあるものの、盤面で戦うデッキに対して強烈な回答となります。複数体並んだ中型フォロワーまで焼き切れる全体除去はエルフにとって非常に貴重であり、コルワエルフを使う理由となり得るカードだといえるでしょう。ローテーション評価はSです。

アンリミテッドでも条件付きとはいえ5ターン目から2点AoEが撃てるため、中速以降のエルフでの採用が考えられます。複数回能力を起動すれば骨の貴公子の出すスケルトンまで除去できる点は森の意志などのAoEに対する差別化点となります。コルワがアンリミテッドではやや悠長であるためバフシナジーをどれだけ有効活用できるかは未知数ですが、新緑の加護を使えることもありコントロール志向のエルフでは充分採用検討できるのではないかと考えています。アンリミテッド評価はAです。

 

 

アリオーシュの評価

 

8/5/5 【アクセラレート 3】相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ。

【ファンファーレ】相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージ。

f:id:michita_sv:20181214220213j:plain

ローテーション評価…C
アンリミテッド評価…C

 

 アクセラレートはエンジェルバレッジと同様の1点AoEです。本体は8/5/5に2点AoEがついたフォロワーになっています。

 

 2点AoEで8コストは重いです。邪眼の悪魔はいうに及ばず、血餓の女帝よりも1コスト重いことを考えるとミッドレンジ系のデッキに対しては遅きに失することのほうが多いでしょう。ギルネリーゼの全体バフにも間に合いません。またデビルアイドル・トリルという使いやすい競合も存在します。

そのためアクセラレートをエンジェルバレッジとして使われるかどうかが焦点となるカードですが、1点AoEが刺さるアーキタイプは当分Tier最上位になっていませんし、最近の環境ではそもそもエルフに対しても1点AoEはあまり通りがよくない感は否めません。

 

 よほど環境が偏らないと1点AoEとしての需要は薄いと考えられます。8コストフォロワーとしては単純にパワー不足でしょう。ローテーションアンリミテッドともにC評価です。