ミチタのシャドバ備忘録

使ってるデッキ、新弾評価など

マナリアバーンドロシーのデッキ紹介

 

 あけましておめでとうございます。新年最初の記事は時空転生環境の最初に自分が使っているデッキを紹介することにしました。

 

・デッキレシピ

f:id:michita_sv:20171231120119p:plain

 

知恵の光 3

マナリアの知識 3

ルーキーマジシャン・サミー 3

マナリアウィザード・クレイグ 3

マジックミサイル 3

ゴーレムの錬成 3

神秘の探究者・クラーク 2

ルーンの貫き 3

ノヴァフレア 2

ゲイザー 3

魔術の始祖・マナリア 3

連鎖する雷 2

刃の魔術師 3

精神の締め出し 1

次元の魔女・ドロシー 3

 

 

・デッキ概要

 序中盤はスペルブースト系フォロワーの横展開でリーダーに打点を通し、終盤にマナリアで強化したスペルで相手のライフを削り切るデッキです。

マナリアの知識という優秀な1コストスペルが追加されたことにより、序盤に安定してスペルブーストを進めることができるようになりました。ゲイザーが4ターン目に無償降臨することも珍しくなく、フォロワーによるビートダウンだけで相手を押し切ることすらできる場合もあります。

このデッキのキーカードはドロシーとマナリアという二人のレジェンド魔女です。ドロシーもゲイザーと同様にスペルブーストでコストの下がるフォロワーなのでマナリアの知識の恩恵を最大限受けることができます。ドロシーによる手札リフレッシュから0コストでゲイザーが出てくる動きは単純ながら強力です。

マナリアはこのデッキではマジックミサイル、ルーンの貫き、ノヴァフレア、連鎖する雷、マナリアの知識から引いたマナリアの魔弾のダメージが増加します。盤面除去にもリーサルにも使えるので一枚出せば試合展開を変えることのできるフォロワーです。

 

 

・カード紹介

 

知恵の光

1コスト1ドロー。スペルブーストを利用するデッキなので当然の3投です。

 

マナリアの知識

デッキを掘れなくなった代わりにドロー先の安定した知恵の光。1ターン目に使えば2ターン目に使えるカードが手に入るので、序盤のスペルブーストが進みやすくなります。ランダム要素にはヤキモキしがちですがスペルブーストしながら2/2/2守護を出せる防陣も相当強いのでこちらも3枚以外ないでしょう。

 

ルーキーマジシャン・サミー

2/2/2枠。バーンデッキかつスペルブースト利用のデッキなので1枚のドローの価値が高い点を考慮して採用。スペルブーストは進まないので他に代替案が出れば入れ替えも考えられます。

 

マナリアウィザード・クレイグ

2/2/2枠。スペルブーストカードと合わせると実質0コストで出てくる。デッキコンセプト的に採用しない理由がないカード。

 

マジックミサイル

貴重なリーダーに撃てる打点スペル。ドローも回るので小回りが利きます。マナリアを出した後は一気に使い易くなるので相性抜群。

 

ゴーレムの錬成

全体1スペルブースト付き2/2/2。地味に防陣で守護が付く点も役に立つことがあり、1ターン延命することが勝ちにつながることもあるデッキなので重要です。3枚採用。

 

神秘の探究者・クラーク

3/2/3全体2スペルブースト。通常のドロシーウィッチなら3枚確定ですがこのデッキはマナリアタッチ構築のためやや手札でダブつくことがあり2枚にとどめました。

 

ルーンの貫き

フォロワーを除去しながらリーダーに打点を通せるカード。マナリアにより両方の打点が上がるので相性抜群。

 

ノヴァフレア

全体2点ダメージ。自分も横展開するデッキなので攻めている時には撃ちにくいですが、終盤にこれで時間を稼ぐことで連鎖する雷が間に合うことも多く、アグロに先に責められた時にも強いです。マナリアでダメージが上がるので大召喚やアーサーを吹き飛ばしながらドロシーゲイザーで盤面逆転なんてことも。

 

ゲイザー

パワーカード。レヴィで死なないスタッツとドロシーで0コストになる軽さが凶悪。ゲイザー進化5点が通ると勝ちが近づきます。

 

魔術の始祖・マナリア

デッキのスペルの価値がグンと上がります。フォロワーリーダー両方への打点が上がる魔弾と貫き、使い回せる連鎖する雷との相性は最高で、ドロシーが出せる場面でもマナリアを先に出したほうがいいという状況も多いです。

 

連鎖する雷

このデッキのフィニッシャー。10PPで二回撃てるので、素の状態で6点、マナリアを出すごとに8点、10点、12点とバーストダメージが伸びていきます。9ターン目にノヴァフレア+連鎖する雷でリーサルを逃れながらライフを詰めて次のターンに二発撃って削り切ったりできます。何度も繰り返し撃てるのでマナリアの恩恵を最も受けることのできるカードです。9ターン目終了時に手札が連鎖する雷含めて3枚以下になっていないと次のターンに2回撃てないので注意。

 

刃の魔術師

疾走フォロワーなので進化権を打点に変換しやすい点が非常に嬉しいカード。とにかくライフを詰めれば何かが起こるデッキなので親和性が高いです。

 

精神の締め出し

確定除去が一枚欲しかったのと、除去で延命しながらドローにより火力カードを引いてきてリーサルを狙う動きがデッキと噛み合っていると考えピン採用。バハムートを除去しながら火力カードを引いて次のターンにリーサルというのが理想。自由枠なので他に採用したいカードがあれば入れ替えもアリでしょう。

 

次元の魔女・ドロシー

このデッキのキーカード。当然の3枚です。

 

 

デッキの長所と短所

 

・長所

ドロシーデッキの派生なので中盤の盤面を取る力は強く、終盤以降はスペルでリーサルを狙えるのでミッドレンジデッキに強い。

相手フォロワーを除去しながらライフを削ることができるのでバーストダメージの出ないデッキに滅法強い

全体除去と軽量除去を持っているので横並びデッキへの耐性がある。

展開プランとバーンプランがあるので大きな不利の付くマッチアップが少ない。

新パックで必要なカードがレジェンド3ゴールド2で比較的作りやすい

使っていて楽しい。

 

・短所

回復をガンガンされると厳しい。ドロシーによる展開を返されてしまうとドラゴン相手にはバーンプランを取ることになるがイスラーフィールの4点回復が大きな壁となる。

スペルブースト先のカードと軽量スペルが両方手札にないと効率の悪い動きになってしまうので手札事故が起こりやすくマリガンが難しい。特に連鎖する雷を序盤に2枚とも引いてしまうとドロシーで流したときにフィニッシャーがいなくなるのでメチャクチャキツい

 

 

・マリガン

 

上に書いた通りスペルブースト先となるカードと軽量カードの両方が欲しいので組み合わせが重要になり難易度が高いです。自分のやりかたも完璧でない可能性は高いので自信のある方はこっそり教えてください。

 

どんなマッチでも確定キープ

ドロシー

 

先攻時キープ

知恵の光、各種2/2/2(単キープ優先度はクレイグ、サミー、ゴーレム。ドロシーがいるならサミーよりゴーレム)、クラーク

 

後攻時キープ

知恵の光、マナリアの知識(単キープ優先度はマナリアの知識)、各種2/2/2(単キープ優先度はクレイグ、ゴーレム、サミー)

 

ドロシーを引いている場合

マナリアの知識、クラーク

 

マナリアの知識を引いている場合

ゲイザー

 

2/2/2を引いている場合(後攻)

ルーンの貫き

 

2/2/2を引いている場合(対ロイヤル)

ノヴァフレア

 

これを基本としてゲームプランを考えながら組み合わせ次第で臨機応変に対応していきたいです。

 

 

 ・マッチアップ別TIPS

 

ミッドレンジネクロ

互角~微有利。ネクロの強い7ターン目までにライフを詰めていきたい。セレスをマナリアで一方的に倒せるのは嬉しい。常に相手のヘクターの打点を考えて行動を決める。

 

ランプドラゴン

相手の回復枚数によって相性は異なる。クロノス型は有利、イスラ型は微不利。マナリア進化で攻撃力6になり巫女に一方取られない点、ゲイザー進化5/6で巫女に倒されずサラブレも耐える点は重要。

 

秘術ウィッチ

微不利~互角。マナリアを一枚出すと大召喚をノヴァフレアで一掃できるようになる。フロウの回復でリーサルを逃れられることがあるので注意。

 

ネメシス

有利。バーストダメージが出ないので盤面の脅威だけ取り除いてひたすら顔面を叩けば勝てる。ノヴァフレアも刺さりやすい。ハクラビとマナリアは双方が進化一方を取れないので先に出された時のことを常に考える。

 

教会ビショップ

微有利。ヘブンリーナイト7点バーストだけ注意。相手の体力を削ってしまえば打点も出ないのでスペルで倒さないように体力を削って盤面ロックして勝てる場合がある。

見逃さないように。

 

ミラーマッチ

終盤に盤面にフォロワーを出すとルーンの貫きの的になって負けてしまうことがあるので手札の打点が足りている時は出さない。

 

 

 

 まだ調整の余地のあるデッキだと思うので、もっとこうしたら良いという意見、感想などがあればコメントよろしくお願いします。

新弾評価振り返り雑記

 

 本日時空転生がリリースされました。この記事を書いている12月29日午後5時現在、シャドウバースは久しぶりのメンテ祭りが開催されています。ということで暇つぶしに今回の新弾評価をすることになった経緯、感想、反省点あたりを簡単に書いていこうかなと思います。

 

 新弾考察自体を始めたのは5月にtwitterアカウントを開設したあとのWLD実装の時からひとこと考察というかたちでtwitterで書いてはいたのですが、きっかけとなったのはダークネスエボルヴのときに見つけたあるじさんの新弾考察ブログでした。文章のおもしろさや具体的に理由を記述した評価などがおもしろく、シャドウバースからカードゲームの世界に入った自分はいろいろな面で参考にさせていただきました。

そこからWLD、SFLでそれをまねるように簡単な考察を書いてはいたのですが(SFLの考察は「#SFL一言評価」のタグをつけているので興味のある方はご確認ください。原初にはS評価がついています(ドヤ顔))、twitterだとすぐにTLに流されて行ってしまうのであとで見直しにくく、読んだ人の反応なども得られにくいと感じたので、後で見直しやすく閲覧者数もわかるブログをはじめようと考えました。もちろんあるじさんの影響もとても大きいです。

 

 いざ始めると、140字で区切りの来るtwitterと違い書こうと思えばいくらでも書けるブログは一枚書くにも時間がかかり、非常に苦戦しました。新弾発表の初めの方の、「仮面人形」の評価の記事の執筆に1時間半かかったのはかなりきつかったです。慣れてくるとある程度速くなりましたが、あとに記事としてこの評価が残ると考えると一枚一枚の評価に慎重になり、簡単そうなカードに対してもいろいろ深読みをするようになりました。逆に言うとこれはカード一枚一枚への理解度上げることにつながりそうなのでいいことでもあるのですが、その結果どんどん考察が新カード発表に置いて行かれる形になってしまいました。

新弾実装まで残り5日になった段階で、未考察のカードが100枚近く残っているという完全に計画性のなさを露呈させることになってしまい、正直もう間に合わないんじゃないかと思いましたが、年末に一日10時間くらいパソコンの前で書き続けることでなんとか帳尻を合わせることができました。

 

 さて、ブログでの新弾評価をやってみての感想なんですが、まず非常に楽しかったです。閲覧者数が数字で見えるのは励みになりましたし、これを機にtwitterのフォロワー数も少し増えました。人に反応をもらえるのはやはり嬉しいですし、書いた甲斐があったなと思えました。

新カード自体も今回の時空転生はローテーションフォーマット導入の節目となるカードパックで、既存のカードのリメイク版も全く新しいコンセプトのカードもありカード枚数自体も非常に多い、と考えることが多く評価していて面白いカードパックでした。まぁカード枚数がめちゃくちゃ多かったおかげで最後の数日に地獄を見たんですが…

 

 今回の反省点はなんといっても計画性のなさです。とりあえず今回わかったのは、新カード発表のたびにサボらず記事を書かないと月末の怒涛の発表で死ぬことになるということでした。。。次やるとしたらカード更新のたびに逐一書いていきたいですね…

 また最後駆け足で書いていったせいでネメシスの低レア度のカードの吟味があまりできなかったのは反省です。まぁこれも早く他のカードを終わらせていればすむことなので一緒ですね。そういえば私は子どもの頃夏休みの宿題をギリギリまでやらずに結局間に合わないタイプでした…

 

 最後に感謝を。軽い気持ちで始めたこのブログですが、昨日は一日の閲覧者数が1000人を超えていました。現在トータルアクセス数も5000を超え、たくさんの方々に見ていただけているんだなぁと嬉しく感じています。本当にありがとうございます!!

これからはたまに自分で組んだデッキの紹介とか、RAGEなどの大会に出場したらそのレポートなどを不定期に書いていけたらなと思っています。新弾評価もまたやりたいと考えています

また、今回全カード評価をやるに当たって一つの目標だった、あるじさんの事前評価比較記事に当ブログの評価も載せていただきました。ありがとうございます!!あるじさんは現在GAME BOXで評価記事を書いていらっしゃるのでそちらも併せてぜひご覧ください。

 

 さて、時刻は6時半になり、メンテナンスも明けたようなので自分も新弾環境を楽しもうかと思います。また時空転生環境での良いデッキができたら記事を書こうと思うのでまた読みに来ていただけたら嬉しいです。最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

                               ミチタ

加速装置の評価

 

1コストアミュレット 【カウントダウン】3
自分の場にアーティファクト・フォロワーが出るたび、それは突進 を持つ。
自分がアーティファクト・カードをプレイするたび、自分のPPを1回復。

 

評価…A

 

 アーティファクトフォロワーに突進を付与する能力と、PP払い戻しを付与する能力を持った1コストアミュレットです。PP払い戻し効果は重複しそうなので、複数このカードを出したら1コストアーティファクトを出すことでPP回復できるようになります。

 

ブロンズの1コストアミュレットとは思えない能力です。アナライズアーティファクトが突進を付与されることでドローのタイムラグが無くなり隙の無いカードになります。また、アナライズアーティファクトやエンシェントアーティファクトを実質0コストで出せるようになるので手札が続く限り盤面を除去しながら展開することができます。

上手く回った時の最大値は異様に高いカードですが、アナライズアーティファクトをデッキに埋めるカードはそこまで大量にあるわけではなく、実際にどのくらいブンブン突進アーティファクトドローを回せるのかはわかりにくいです。充分にアーティファクトカードが手元にないと弱いアミュレットなのでこのカード自身が自己要因になる可能性もあります。

 

 うまく回った時には除去ドローを半永久的に繰り返せそうなすさまじいカードですが、序中盤で腐るカードで使いにくいマッチアップもありそうだと考えています。評価はAです。

静謐なる歯車の評価

 

3コストアミュレット 【カウントダウン】3
【ファンファーレ】共鳴 状態なら、カードを2枚引く。共鳴 状態でないなら、カードを1枚引く。
【ラストワード】共鳴 状態なら、カードを1枚引く。共鳴 状態でないなら、カードを2枚引く。

 

評価…A

 

 3コストで最大4枚ドローできるアミュレットです。共鳴状態を調整することで引ける枚数を増やせますが、ファンファーレを共鳴に合わせるだけでも3ドローが確定します。

 

 ネメシスはデウスエクスマキナに依存した構築になりがちで引けなかったときにデッキをどう回していくかが一つの課題でしたが、このカードは回答の一つとなりそうです。4枚ドローを狙うのも難しくなく、即座に2ドローできる点も魅力です。

ラストワードでドローするアミュレットなので相手に破壊されてもドローできる点も地味に優秀で、優秀なドローソースだと言えそうです。

 

 デウスエクスマキナの代替にもアクセス手段にもなるので、アーティファクトネメシスで有力なカードの一つになりそうです。評価はAとします。

悪魔のエピタフの評価

 

2/2/1 【ファンファーレ】自分の手札にアーティファクト・カードがあるならランダムに1枚捨て、突進 と必殺 を持つ。

 

評価…A

 

 2/2/1のフォロワーで、手札にアーティファクトカードを捨てることで突進必殺の疑似確定除去になります。

 

 ネメシス随一の軽い確定除去であり、このほかのアーティファクトを捨てて効果を発動するタイプのカードとは一線を画したテンポブーストが狙えます。新弾ではバハムートの対策を考えることが必須となり、異界転送の他の除去としてこのカードも採用されそうに思います。

 

 手札コストが重いので軽々に切れないカードですがデウスエクスマキナが出た後だと特に強力な除去カードになるでしょう。評価はAです。

エアシップホエールの評価

 

8/4/5 【ファンファーレ】コスト3以下のアーティファクト・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから場に出す。
共鳴 状態なら、1枚ではなく2枚場に出す。

 

評価…C

 

 8コストで5コスト相当のスタッツですが、デッキからアーティファクトカードをサーチして直接場に出す効果を持っています。コスト制限があるので疾走持ちのレディアンアーティファクトは出てきません。

 

 3コストのミスティックアーティファクトはファンファーレドロー持ちであり、他のアーティファクトは1コストのカードです。共鳴前提だとしても8コストのフォロワーを用いて出したい効果かというと疑問が残ります。2/3守護が2体並ぶのはそこそこ強いですが、デウスエクスマキナでドローして手札から場に出したほうが強そうに思います。

 

 今後新しく相性の良いアーティファクトが追加されると化ける可能性はありますが、現時点では構築への採用は考えにくいです。評価はCとします。

ハーメルンの評価

 

2/2/1 【ファンファーレ】自分の手札の元のコスト3以下のフォロワー(ハーメルンを除く)1枚を選択する。それと同名のフォロワー1体を手札に加える。

 

評価…A

 

 手札にある3コスト以下のフォロワーをコピーできるカードです。変則的な1ドローカードとも言えます。

 

 アーティファクトカードもコピーできるのがミソで、デッキを掘らずとも優秀なアーティファクトカードを手札に加えることができます。アナライズアーティファクトを増やせば実質2ドローなので非常にアドバンテージが高いです。

序盤でも手札の適当な低コストカードを増やす動きが単純に強力で、低コスト複数枚でのムーブをしやすくなります。

 

 アーティファクトネメシスのサポートカードとして他のカードではできない仕事ができるカードだと考えています。評価はAです。