ミチタのシャドバ備忘録

使ってるデッキ、新弾評価など

鋼鉄の反逆者事前評価:ネクロマンサー編

 

 ネクロマンサー編です。

 

 

レジェンドレア

永遠の花嫁・セレス

f:id:michita_sv:20190327231848j:plain

f:id:michita_sv:20190327231729j:plain

ローテーション評価…B

アンリミテッド評価…A

2pick評価…A

 

 セレスの新規カードです。スタッツは据え置きでコストと能力が一回り大きくなっています。さらに手札のカードすべてのコストを2軽減できる永遠の誓いを入手できます。

 

 交戦時に相手フォロワーに3ダメージを与えるため、旧バージョンと同様に軽量フォロワーからの攻撃は問答無用でシャットアウトできます。継続的な3点回復が場残りの良い能力と噛み合っており、総じて対アグロに強いカードです。

しかしネクロマンサーの5コストには最強カードであるケルベロスがおり、ちょっとアグロに強い程度ではその牙城を崩すことは難しいです。体力が旧セレスから据え置きなので攻撃力6の5~6コストフォロワーには問題なくトレードされてしまう点も嬉しくありません。

基本的には永遠の誓いを有効活用しようとするデッキで採用したいカードでしょう。手札全ての2コスト軽減はなかなかすさまじく、7ターン目ミントタイラントすら実現できますし、単純に0コストでフォロワーを並べてグレモリーで大量進化という動きも強力です。ローテーションだとファフニールを7ターン目に出せればさすがに強力でしょう。2コストを厚くして0コストで動けるようにするか、重めのカードを積んでコスト軽減から早期にプレイするかという両極端な戦術が考えられるのが面白いです。

 

 どちらにせよ普通のデッキであれば5コスト帯はケルベロスが強く、セレスを使いたいなら永遠の誓いの活かし方をしっかり構築段階で詰めておく必要があるでしょう。ローテーション評価はB、できることが広がるアンリミテッドでの評価はAです。

2pickでは進化権が無くなった後にセレスが一生居座る展開も夢ではないでしょう。ただし永遠の誓いは手札を貯めこみにくいため使いにくいかもしれません。2pick評価はAです。

 

紫紺の抵抗者・エンネア

f:id:michita_sv:20190327235919j:plain

f:id:michita_sv:20190328000021j:plain

f:id:michita_sv:20190328000006j:plain

ローテーション評価…B

アンリミテッド評価…C

2pick評価…S

 

 6/3/3スタッツで、ファンファーレで強力なダメージ耐性を持った守護であるマンマル1号を召喚します。さらに9コストでデッキから機械フォロワーを招集できるつかの間の幸福を手札に加えます。招集効果がエンハンスになっているのはセレスによる悪用を警戒したカードデザインでしょうか。

 

 ターン終了時にマンマル1号を出すエンネアをマンマル1号が守る布陣を1枚で作れるので空盤面で着地した時には厄介なカードです。除去をダメージに頼るデッキでマンマル1号を突破するには必ず2手かかりますし、エンネア本体を倒す必要もあります。

ただエンネアが進化後5/5、マンマル1号が進化後3/3なので体力4以上の進化後フォロワーをきれいに捌くことができず、軽量フォロワーを並べられていても簡単にマンマル1号を突破されてしまいます。そのため6コストでありながら盤面不利状況での打開力は低めです。

またつかの間の幸福はマシンエンジェルによって6/6守護を出すことができ、メカニカルゾンビのような好相性のカードを入れることもできます。ただエンネア自体は出てこないため、ある程度スタッツの高い機械フォロワーをつかの間の幸福のために採用する必要があります。

 

 6コストフォロワーにしては盤面に触れる効果もないため出せる状況を選びがちで、つかの間の幸福も構築負荷が高いカードです。環境的に横展開の強いデッキが多いことが予想され、マンマル1号のダメージ耐性を活かしにくいことも予想されます。つかの間の幸福も6/6守護が出るとはいえ他の機械フォロワーで横展開をどうにかできるわけではないため、無理やりエンネアを着地すればなんとかなるという類いのカードではありません。ローテーション環境にあまり噛み合っていないカードであると考えられ、評価はBとします。

アンリミテッドでは機械を4種以上採用することが難しいためつかの間の幸福の優位性がさらに薄れます。アンリミテッド評価はCです。

2pickでは一転して強力です。エンネアを倒せなければそれだけで投了級ですし、つかの間の幸福から出てくるフォロワーがボーンドローンやメカゴブリンあたりだとしても4面並べば充分にフィニッシャーになります。2pick評価はSです。

鋼鉄の反逆者事前評価:ドラゴン編

 

 ドラゴン編です。

 

 

レジェンドレア

フルメタルドラグーン・バイロン

f:id:michita_sv:20190327220846j:plain

ローテーション評価…S

アンリミテッド評価…S

2pick評価…A

 

 最近のドラゴンに多い2コストレジェンドです。後続のフォロワーをバフしていく効果を持っており、進化後は機械フォロワーへのバフ効果が強化されます。さらに進化時にプロダクトマシーンを自前で出すことができ、自身の効果で2/2になります。

 

 目を疑うレベルのカードパワーです。2ターン目に出てきて処理されなければ後続のフォロワーがバフされていきます。2ターン目から処理強要を仕掛けてくる2コストフォロワーとしては吸血鬼・ヴァンピィなどがいましたが、バイロンは放っておくと盤面が強くなる静かなる炎将・マーズに近い効果である点は特筆すべきです。

またドラゴンクラスは2ターン目の最強ムーブである竜の託宣を持っていますが、バイロンを置かれたときに欲しい軽量除去は託宣を撃たれたときに裏目になる点がこのカードの厄介さを底上げしています。

そして何より進化時効果が壊れています。特に何のシナジーもなくても4/4スタッツの横に2/2が無償で出てくる時点でかなりおかしいですが、その横にフォロワーを並べると全てバフがかかります。特に4ターン目後攻マシンエンジェルと動くことで4/4+2/2+2/2+2/2の4面展開が可能です。中盤以降にも疾走フォロワーと同時に出すことで打点を上げられるため腐りません。ポセイドンと同時に出すと守護が2/3になるのも嫌らしいです。

 

 アグレッシブなドラゴンをローテーションでデッキたらしめるパワーカードであり、来季のドラゴンを使う理由となるでしょう。ローテーション評価はSです。

アンリミテッドではローテーション以上に壊れている可能性があります。アンリミテッドのフェイスドラゴンは既に強力なデッキですが、ローテーションより軽く打点の高いフォロワーにバフが乗るためさらに破壊力が上がるでしょう。アンリミテッド評価もSです。

2pickでは2/2/2の軽量フォロワーですが、進化時効果を絡めて横展開できる状況でプレイできれば処理しきれない盤面を押し付けることも可能であり、バフを活かせる状況を作ることができれば大きな活躍が見込めるでしょう。2pick評価はAです。

 

ゴールドレア

飛翔の竜人

f:id:michita_sv:20190327224757j:plain

ローテーション評価…A

アンリミテッド評価…A

2pick評価…D

 

 1/0/1と理論上最低のスタッツですが、相手フォロワーから攻撃されず、スペルのプレイという軽い条件で自動進化します。進化後はドラゴニュートスカラーと同じ攻撃時手札交換効果が追加されます。

 

 進化がカギになるカードが多く追加された今回のパックでは、自動進化にはスタッツ上昇以上の意味があります。特に慈愛の竜戦士とのコンボが強力で、最速3ターン目には自動進化からベビーファイアドレイクが出てきます。オーディンの直接召喚とのシナジーもある点は面白いです。

自動進化が決まれば2/2に一方を取られないゴブリンであり、序盤から相手ライフを狙いに行くには格好のカードです。このカード自体が1コストでありながら体力が2もある攻撃されないフォロワーなためバフを乗せても強力で、恐竜時代のような2/2バフを3ターン目に乗せれば3点除去で倒れなくなります。

 

 1コストフォロワーとしてはいろいろなシナジーを持っており、機械フォロワーなのでバイロンの効果を受けられる点も優秀です。テンポドラゴンの序盤フォロワーとして価値が高いカードであると考え、ローテーション評価はAとします。

アンリミテッドでも空を飛んでるゴブリンは強いです。ただでさえフェイスドラゴンは火力が高いのでこのカードの1点クロックはばかになりません。手札交換で疾走を探しに行く効果も狙えるでしょう。アンリミテッド評価はAです。

2pickではかなりひどいハズレです。さすがに1コストフォロワーは金虹枠で取りたくはないでしょう。D評価です。